トップ > スイーツ・グルメ > 食品・調味料 > 稲庭干温飩(稲庭うどん) ※飛鳥 船内提供品
寄港地特産品 > 東北 > 秋田 > 稲庭干温飩(稲庭うどん) ※飛鳥 船内提供品

稲庭干温飩(稲庭うどん) ※飛鳥 船内提供品 稲庭干温飩(稲庭うどん) ※飛鳥 船内提供品 稲庭干温飩(稲庭うどん) ※飛鳥 船内提供品 稲庭干温飩(稲庭うどん) ※飛鳥 船内提供品 稲庭干温飩(稲庭うどん) ※飛鳥 船内提供品
稲庭干温飩(稲庭うどん) ※飛鳥 船内提供品 稲庭干温飩(稲庭うどん) ※飛鳥 船内提供品 稲庭干温飩(稲庭うどん) ※飛鳥 船内提供品 稲庭干温飩(稲庭うどん) ※飛鳥 船内提供品 稲庭干温飩(稲庭うどん) ※飛鳥 船内提供品
拡大画像

稲庭干温飩(稲庭うどん) ※飛鳥 船内提供品

<2/19(金)10:00AM 販売開始>  ※寄港地特産品(秋田)

変わらぬ本物の味を今へと伝える、一子相伝の技
飛鳥 船内提供品「佐藤養助商店の稲庭うどん」


稲庭干温飩の原形が稲庭に伝わり、宗家である稲庭(佐藤)吉左エ門によってその技術が受け継がれ、研究と改良が重ねられ、製法が確立したのは寛文五年(1665年)と言われています。
以来、佐藤養助商店の「稲庭干温飩(稲庭うどん)」は、材料の選定から出荷前の検品に至るまで、手抜きを一切許されない完全なる手作業で作られています。万全な品質管理のもと、その日の天候や湿度により乾燥時間を微妙に変えます。それは熟練職人の永年の勘で行われ、ほんのわずかな湿度や時間の差であっても、でき上がりのうどんの味を左右してしまうのです。
このうどんは乾麺に仕上げることで、艶のある乳白色にゆで上がり、コシが強く、生麺には無い、喉越しの良い食感となります。
機械化すれば労力と時間の節約になりますが、伝統の味を守り続けるためには、手づくりにこだわり、手間暇をかける必要がここにあります。

長さが18cmとゆでやすいご家庭用と、長さが36cmで化粧箱入りの2種類をご用意いたしました。


<ご家庭用(300g)【長さ18cm】>
太さが不揃いのため、多少ゆで時間が異なりますが、長さが18cmとゆでやすいご家庭用です。

<化粧箱入り(100g×7束)【長さ36cm】
化粧箱に入り、包装した状態で配送いたします。

内容量:    ご家庭用(300g)/化粧箱入り(700g)
賞味期限:   製造日より730日
保存方法:   直射日光・高温多湿を避け常温で保存してください。
特定原材料等: 小麦
商品コード : A1002
価格 : 円(税込)
数量
 

▼ 下記商品リストからご希望の商品をお選びください。
商品

選択
ご家庭用(300g)【長さ18cm】     価格: 702円
化粧箱入り(100g×7束)【長さ36cm】 価格: 3,240円

かごに入れる すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ

ページトップへ